スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Go!Go!My HOGIRE!

あー、今日の記事はウザイくらいオーギルづくしなので、「オーギル?知らねーな!」という方や、「オーギル?んなネタに興味ねーぜカス!」と言う方は見ない方が懸命だろう。
だがな、「オーギルに興味がある!」という人だけは、見ていってくれ。


とうわけで、最近使っているオーギルアセンでも紹介しておこうじゃないか。
まずは、もう数日経ってしまっているけど、オーギル強化合宿に参加した時のアセンから。
そのうちAKAさんの動画でも紹介されるだろうけど・・・。
003_20100929205055.jpg
ご覧の通り、レールエコレ、イカショ雄琴のX鳥アセンで参加してきた。
エグゼさんも言っていたけど、オーギルでグレは安定が心配なので使うのはどうかと思ったんだけど、この時は他に思いつかなかったし、一応前の記事でも書いたように安定はフルチューンで3588まで上げておいた。
実際この安定による影響(ラグとか狙撃のブレとか)がどう出るのかよく分からないので、迷惑がかかるようなら控える事にする。
これも前回記事で書いた事だけど、このアセンの最大のこだわりはⅤ.Ⅰ. でも再現できると言う事。
その為、MBもホントはラトナがよかったんだけど、わざわざオーギルに変更した。
ちなみに他にもV.I.再現目的機体があったりするけど、残念ながらMBはオーギルではない、そこまでこだわったのはこの機体のみ。
機体について簡単に言うと、見ての通り引きまくるアセン。
下手に攻めると弾がすぐになくなるので、まずはレールとエコレで確実にAPを削り、レールを撃ちきった時点でAP勝ちしているなら、無理に攻めず相手に攻めさせてショットガンとグレを見舞うという、騎士道あふれるオーギルの欠片もない戦い方をする。
当然、軽量機体とか、引きまくるタンクとか、AP負けしてて相手に引かれると何も出来ない。
ちなみに強化合宿では、このオーギルの戦い方を知ってもらう為に卑怯くさ~く戦ったのが2試合、我慢できずAA乱発したのが1試合、あえて引かず前に出まくったのが1試合の、計4試合やった。
俺の試合がメイン試合として取り扱われるかは分からないけど、興味があったらAKAさんのブログやニコ動をチェックしてくれ!
勿論、他のオーギル使いの方のアセンも個性があって素晴らしかったし、勝敗を競うものではないにしても好勝負も多かったから、見応えはあるだろう。
余談だけど、参加者の中での俺のお気に入りオーギルはUnaさんのアセン、まさかあんなものをオーギル腕で装備してくるとは・・・w
強化合宿についてはそんな感じかな、ここで語るよりも動画を見てもらいたいんでね。

で、強化合宿用の機体のコンセプトのままガチで使う場合のアセンがこっち。
002 (2)
戦い方とかやる事は同じ、当然苦手な相手も同じ。
単純に、武装とか内装の面で使いやすくしてあるだけなんだけど、使い勝手はいいと思う。
前回記事では軽ショだったんだけど、やっぱり弾切れが酷くて重ショに持ち替えた。
その事で軽量機体にどこまで戦えるかが心配。
アルドラグレはフルオーギルでも射撃時にロックは外れないけど、一応この機体も安定はフルチューン。
でも何かメモリ150も安定に振るのってもったいないね・・・。

このアセンもV.I.再現目的機体で、こいつの派生として強化合宿機体を組んだ。
強化合宿で最初に使う候補に上げていたうちの1つ。
005 (2)
とりあえずENがカツい。
これこそガン引きアセンだけど、再現目的で組んだにしては結構使えるんじゃないかと思う。
戦い方とかは前の2機と同じ、と言うか、俺がそういう戦いか確か出来ないだけだったりする。

この機体は数回前の記事で書いた、脚だけWGだったやつのフルオーギル版。
練習用として使う事が多い。
010 (2)
まぁ一番ありがちな機体と言えばその通り。
とりあえず距離をとってミサで牽制しながらレールを狙う、ミサが切れればライフルで牽制しながらレールを狙う、相手のAPが少なくなったらWライで仕留める。
そういう戦い方をするアセン、勿論地形に隠れながら引いて戦うんだけどね。
Wライがはっきり言ってガン引きしながらじゃないとろくに当てられないし、相手のAPを1000減らす間に自分のAPを7000以上もってかれる事も多い。
おかげでレールが当てられなくて一気にAP差を詰められると、そのままジリ貧で負ける事も多い。
だから練習のし甲斐はあると思う。

これはオーギルガチ機体の1つで、最初に強化合宿で使っていこうと思っていた機体。
結構前からある機体だし、多分一番使ってるんじゃないかと思う。
004 (2)
このアセンは単純に、俺の趣味を実用レベルで使おうとして出来た機体だったりする、実際に実用レベルなのかどうかは知らないけど・・・。
まず、やっぱりWライは使いたいよね、って事でWライ。
遠距離にも対応したいよね、って事でレール砲。
EN武器も欲しいよね、って事でシリウス。
とまぁこういうわけで完成したのがこのアセン。
背中武器で大ダメージを狙っていくのが基本だけど、開始直後から接近されて上を取られると、ENカツくて飛べない、キャノンの射角足りない、Wライ最後の削り以外あんまし役に立たないと言った感じで、主力武器を機能させる事が出来ずに撃墜される事も多い、いわば弱点丸出しアセンだったりする。
とはいえ、レールで上手く狙撃できて、接近されればシリウスで大ダメージを実現できればそれなりには戦える。
基本は地形利用しながらのレールの狙撃で、隙を見てシリウスを狙う。
場合によってはライフルで牽制しながらレールを狙うし、接近されれば逆クロスのライフルで牽制しつつシリウスを見舞う。
うん、こうやって書いてみても、やっぱり上を取られると全くダメだという事がよくわかるね。

おまけのエンブレム。
006 (2)
今まで使用してたやつをちょっと改修して、より尖ったイメージにしてみた。
どこが変わったか分かるかな?w

こっちは所謂ビジュアルアセン。
テーマは天使と悪魔。
008 (2)
カラーリングが箱のランカーさんのパクリだけど(色は左右逆だと思うけど)、このカラーリング好きだからさw
天使砲はもとより、4連PMも羽っぽく見えるから、使い分けで天使と悪魔の羽をイメージ。
さらに俺のアセンの定番である、全距離対応を考えた武装を施した。
とりあえず弾が切れやすい、無駄打ちしてしまう事が多いからすぐに弾がなくなる。
それでも高火力武器を多く搭載してるから、しっかり当てれば大丈夫なはず・・・。
上手い人には何も出来ずに負けそうだし、ミサ避けが下手すぎるからミサイルカーニバルになったり、何も地形がない所だと無力っぽいけど、何気に気に入ったw
強化合宿はこれで出てもよかったけど、実は参加した後でこの機体は完成したんだよね・・・。

こっちはおなじみV.I.再現目的機体。
左右の羽が逆になってるのは、左背専用の4連PMミサがキット化されていないから。
009 (2)
こっちは実戦投入してないからどこまで戦えるか分からない。
実際、背武器はそれぞれ左右どっちに配置した方がいいのやら・・・。
ちなみにオーメル突ライ装備なのは、単に形が禍々しくていかにも悪魔っぽいイメージだったからw

機体に合わせて即席で描いたエンブレム。
007 (2)
何のひねりもないけど、これはこれでイメージ通りだからいいかな。
いかにもそれっぽい感じするよね?w


とまぁ、無駄に長々と、意味もなく自分のオーギルについて語らせてもらった。
最後までしっかり読んだ方はかなりのオーギル好きだと思われる。
もっとも、騎士道のない俺のオーギルは邪道だろうけどねw
だって無理だよ、オーギルで攻めるなんて。
でも強化合宿では攻めてる人も多くて、皆よくやるなぁと感心したもんだよ。
まだまだ可能性はあるのか?オーギル!?
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。