スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

判断力の欠如

やっぱり大切なのは「判断力」なんだと思う。
特に、如何に被弾しない動きをするかという判断力。
攻撃なんてそのついででいいんじゃないかとさえ思えてきた。
俺はそもそも、被弾してもその分当て返せばいいという考えだった、単発武器を好んでいた、というか頼っていたのも、火力ゲーよろしく一撃で大きくAPを引き剥がせる、あるいは逆転出来るからという、受身な判断からだった。
でもそれゆえに無理に当てようとしたり、当てる為にわざと自分を被弾させる危険に晒す事もあった、多分そういう戦い方が自分に合ってたんだと思うけど…。
でも重視すべきは被弾しないようにする事であり、被弾しない為にどうするべきか判断する力を養うべきだった。
勿論、単純に引くとか、地形使うとかでも被弾の危険から逃げられるし、事実俺も地形を使うようになってようやく戦えるレベルにはなったけど、当然単純に使えばいいというわけではない、そこからも判断していかなくては実力者には勝てない。
このfA末期になって、強くそれを実感するようになった。
その原因がラグ。
自分が被弾しても相手にダメージを与えればいいという考えでは、相手がラグっていた場合では不利でしかない。
APを守りきる動きさえしっかりできているなら相手のラグにも対処できる、ラグい相手に対処できるのならラグくない相手にも当然有効、ならばいかに被弾しないようにするか、その状況でどう動くべきかを判断する力が最も必要ではないのか…。
俺はいつも、如何に攻撃を当てるか、確実に攻撃できる時はいつか、その為にはどう動くべきか、攻撃できる状況を作る為にどれだけ補足していけるか、その事を考えていたけど、本当は逆を考えるべきだったのかな…。
勿論そればかりが全てではないけど、俺に必要なのはそういう判断力だったんじゃないかなと、この末期になって思った。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。